世界でただ一人、超硬工具専門職人のショッピングカートへようこそ!
釣り道具やジュエリー、果実も作ってますが、こちらは製作者直営直販サイトです
他では買えない当工房で製作した製品しか売ってません!
お支払い方法、配達方法は商品ページのヘッダに記載してます
在庫なしの場合[再入荷お知らせ希望]の通知機能があります
ただし、ヘラは時間が掛かり過ぎるため再入荷待ちは中断してます m(_ _)m
  • オール超硬ハイブリッドキサゲ★鏡面SPL
    オール超硬ハイブリッドキサゲ★鏡面SPL
    1,780円
    もともと管楽器の修理用として特注で製作したキサゲですが、当所のキサゲは好評のため、オリジナル工具をラインナップに加えたいと思い、少し彫金用にアレンジして再び製作してみました
    管楽器用としても使用可能かと思います

    彫刻刀にも平、切り出し、角刃、丸刃とあります
    タガネにも同じように片切り、毛彫り、甲丸とあるように刃先に種類があります
    でも彫金用にキサゲはここまでありません
    当工房は独自で開発し、このような刃先の種類を作りました
    こちらは彫刻刀で言えば平の形になります

    寸法は約幅3ミリ、厚み2ミリと1.5ミリ、長さ12センチ(黒皮なので精度は出てません、研磨で少し短くなります)

    表記してるサイズは片切りと同じように先端の幅になりますので、通常のキサゲほどではありませんが、強いテーパーで断面台形に研磨してます
    そのため先端は片切りのように正確に測れませんので、大まかな値になります
    細いほど研磨に手間が掛かりますので、割増になります

    側面、底面、上刃の2面は単面の鏡面仕上げ、通常のキサゲと同じ角度で、側面も同じ使い方が出来ます
    上刃は2段階で鈍角に鏡面仕上げしてますのが、側面よりも鋭角です
    和彫りの片切りの直線用くらいの角度かと思います
    刃先は5面鏡面仕上げの鏡面スペシャル仕上げとなってます

    やすりやナナコの柄を取り付けれるように、下側もテーパー研磨してます
    3~3.5ミリ程度の穴を開ければ、柄が付れると思いますが、柄は付属しませんので、ご自身で使い勝手のいいようにカスタマイズしてください
    また、柄の取り付けのために角は立ったままですので、そのまま使う場合はエンドを保護してください
    洋彫りの片切りに比べれば、かなり鈍角かと思いますが、試作1本目を試しに銅板に彫ったら、意外にもよく彫れました
    ただし洋彫りの技術は持ち合わせてません、加えて洋彫り用タガネとして開発したものではありませんが、削いだりハスったっりのマルチに使えるキサゲとタガネのハイブリッド工具かと思います
    特に溝の中の角はヘラでもリューターでも角を出して磨く事が出来ませんが、和彫りタガネを使えなくても磨く事が出来るかと思います
    特に溝の中の角はヘラでもリューターでも角を出して磨く事が出来ませんが、タガネを使えなくても磨く事が出来るかと思います

  • 彫金用オール超硬タガネ★鏡面SPL(限定復刻版)
    彫金用オール超硬タガネ★鏡面SPL(限定復刻版)
    1,500円

    長期在庫の削出し超硬タガネはヤフオクにて完売しました m(__)m

    超硬値上げのため再発売は難しくなって来てますが、太タガネは下削りの手間が減るため、太タガネに関しては多少コストが下げられます

    オール超硬タガネの要望も多いので、太タガネのみ復刻版を限定販売いたします

    全体の長さは10センチと当所の柄付きよりも少し長めです

    厚さ2×幅3ミリ角の超硬材から削り出してます

    太タガネは通常サイズよりも強くバフ仕上げをしてますので、通常サイズよりもさらに手で砥いだ刃先に近い角が少し丸い仕上がりになってます

    メリットは従来の鋼のタガネのようにロー目がないので、ロー外れがありません

    デメリットはオタフクの叩く面に柄が勝つためにキズが入ります

    また、全てが超硬なので、叩いた時の反発感は出ますが、ダイレクト感はあります

    好みや慣れの問題で、SUS204柄に使い慣れていても、それほど威圧感はないと思いますが、感じ方には個人差があると思いますので、あらかじめご了承ください


  • 超硬マイクロキサゲチップ
    超硬マイクロキサゲチップ
    1,200円
    新発売!

    超硬三角キサゲチップ同様に研磨前の長さ30ミリ、2φ(2.4ミリ)になります

    断面正三角形60度の三角錐の角度から三面の2つの角に約90度の鏡面を立ててます
    底面は少し大きく鏡面に研磨してます
    つまり刃になる角の両側の面は鏡面仕上げの約90度になります

    通常の断面台形家型のキサゲのマイクロチップ版です
    頭の角も落として低くしてあります
    より繊細な磨き用になります

    研磨で30ミリより少し短くなりますが、こちらは研磨で短くなりやすいため
    再研磨は何度も出来ません

    ※再研磨工賃:500円~

    ★ショッピングカート特価のため送料別、メール便発送可能です



  • 超硬三角キサゲスクレーパーチップ
    超硬三角キサゲスクレーパーチップ
    880円
    新発売!

    超硬ヘラチップ同様に研磨前の長さ30ミリ、2φ(2.4ミリ)になります
    断面正三角形60度の三角錐の角度は、通常のベーシックなキサゲの家形断面の刃よりさらに万能に使えると思います
    モデリングワックスやウレタン塗装などの柔らかい物から貴金属までのバリ取りなどに
    刃先の仕上げは2種類用意してます
    角の立ち具合とコストを優先するならナチュラル中仕上げ
    ライフと研磨のクオリティーを求めるなら鏡面仕上げ
    大差はないと思いますが、中仕上げは柔らかい物、鏡面は金属という選択でもいいかと思います
    ※写真は全て鏡面仕上げになってます(100円増)

    ★ショッピングカート特価のため送料別、メール便発送可能です

    ※再研磨工賃:400円~


  • オーバル超硬ヘラ
    オーバル超硬ヘラ
    3,600円
    本来ヘラ棒はオーバルですが、超硬の場合はその研磨の手間からラウンド形状の物が大半を占めてます
    ラウンド形状でもカーブの違いや太さで大抵の場合はカバー出来ますが
    正直なところはオーバルが一番万能かと思います


    超硬タガネの船底の技術を生かし、Lサイズをオーバル形状に手で削り出して製作してますが、多大な時間を要するために少量生産とのため再入荷待ち不可になります
    限定生産という事をご理解ください
  • 超硬ヘラチップ
    超硬ヘラチップ
    1,700円

    超硬ヘラの先端のチップのみになります

    市販品に満足出来ないので、私自身で削り出しで製作し、常に研磨をして手入れして使用してました
    国産最高品質の超硬でキズが入り難いため曲面研磨は大変です
    一般的には近い物が5000円ほどで売られていますが、安いからと言って手を抜いてる訳ではございません
    そのくらい超硬の研磨の工賃が普通は高いという事だと思います

    長さは研磨前で30ミリ、仕上がりおよび研磨面の長さにも個体差あります
    鏡面部分は約3分の2で、実用鏡面部分は半分くらいなので柄付きのチップと実用部分は概ね同じくらいになりますが
    取り付け部分が10ミリくらいと少し長くなります

    ヘラの再研磨の仕事もやってますが、こんなにキズだらけではヘラの意味がないと思う事が多いです
    磨き棒でキズを付けてしまう事にもなりかねません
    超硬の研磨は難しいので、研がない人も多いです
    私は常に1本は完璧な状態のヘラをこのように使ってました
    多少なりと自分で手入れするつもりがあるなら、このチップをお勧めします

    ★ショッピングカート特価のため送料別、メール便発送可能です

    ※再研磨工賃:500円~

(全商品 : 16点)

カートの中身

カートに商品は入っていません